? プロポリスは天然の抗生物質
効能

プロポリスは天然の抗生物質

プロポリスはここ10年程度の間で、急激にサプリメント市場において流通するようになりました。
その背景には、この成分のもつ特異な性質が評価されているからに違いありません。
ではこの成分はどのような性質を持っているのでしょうか。
一般的に健康成分と言えば、滋養強壮に効果をもたらしたり筋肉に働きかけたりなどのイメージがあるかと思います。
しかし、プロポリスはこのような健康成分とは大きく異なります。
なぜならこの成分は「天然の抗生物質」とも呼ばれており、素晴らしい免疫力の向上をもたらしてくれるからです。
でもどうしてミツバチは人間にとって抗生物質として使用できるような物を作っているのでしょうか。
それはミツバチの生態を紐解いてみると理解できます。

ミツバチが作る物質には様々な種類があります。
まずは有名なはちみつ、美容効果に抜群の効果があるローヤルゼリーです。
この2つの種類はミツバチ自身が食すものであり、植物の蜜や花粉が原料となっています。
しかしプロポリスはこの2つとは大きく異なっています。
まずこの2つとは違い、プロポリスはミツバチ自身が食すものではありません。
ポリスと呼ぶことが出来る「蜂の巣」を守るための成分なのです。
人間の家で言えば、煉瓦のような役割を果たしています。
ポリスは古代ギリシャ語で巣や城などを意味しています。
厳しい自然環境を戦い抜くためには、住処であり産卵場である巣を守ることが求められています。

そのため、植物の樹脂を中心に回収してきた塊を巣に塗りつけていくのです。
この樹脂などの成分には「ポリフェノール」や「フラボノイド」が存在しており、プロポリスは非常に殺菌能力が高い成分になっています。
そのため、本来ミツバチ自身は食べなくても、プロポリスの人間の免疫力を高める効果を得るために、製品化がなされるようになりました。
最近では喉にスプレーをして、抗菌効果を得るタイプにも応用されるようになり、子どもでも使用できる製品も増加しています。