? プロポリスは幼児に飲ませても大丈夫か
効能

プロポリスは幼児に飲ませても大丈夫か

インフルエンザ予防にも効果があるとされ、話題になっているプロポリスですが、そうなるとやはり子どもに飲ませたいと考える方は多いのではないでしょうか。
でも立ち止まって考えてみてください。
健康成分の中には子どもへの服用がタブーとなっているものもあります。
ホルモンバランスを強く変動させるプエラリアなどが該当します。
では、この人気のプロポリスの場合はどうでしょうか。

子どもへの摂取は基本的に問題はがないのですが、大人向けの摂取量よりも減らす方が望ましいでしょう。
ですから、成人向けの容量で作られているサプリメントはそのまま与えないようにしましょう。
注意喚起で子どもへの服用について触れている製品の場合は必ず一読しましょう。
子どもの歯科予防にも最適ですので、歯磨き粉などですと安易に飲みこまないので初めての使用に向いているかもしれません。
この他にも舐めて口腔内をケア出来るキャンディ―も販売されているので、子どものオヤツのアフターケアに与えるのも良いアイディアです。
でも、子どものプロポリスの服用には2つ、注意点もあります。

まず1つ目はアレルギーへの反応です。
ハチミツは乳児の摂取がタブーとされていますが、これはプロポリスにおいても同様のことが指摘されています。
1歳程度までは母乳と離乳食程度の食事がベストですから、安易な成分は与えないほうが良いでしょう。
アレルギー反応が急激に現れる可能性があるので、既にミツバチの作る成分で反応経験がある子どもは特に避けたほうが無難です。

2つ目は、喘息の子への対応です。
喘息気味の子どもの場合は、呼吸器系に支障が現れる可能性があります。
出来ればこの場合は摂取を避けるべきです。
でも効果を試してみたい、と検討している場合にはかかりつけの小児科医や呼吸器系の医師に相談すると良いでしょう。
安心して続けるためには、時に事前に医師の判断を仰ぐことも重要です。
子どもはまだまだ身体が未発達ですから、様子を見ながら与えるか否かを判断しましょう。